負け組の逆襲
~毎月10万負けていた工場作業員がスロットで年間450万稼いだ方法~
オススメ記事

パチスロが勝てない理由

こんにちは!はまです。

今回はパチスロが勝てない理由を、考えていきたいと思います。

実際の金額は分からなですが、大まかに500台規模のホールを考えてみます。

皆さんも社長になった気持ちで、どれだけの支払いがあるか
イメージしながら見てみましょう。

家賃

先ずは家賃を考えてみます。

場所によって違うと思いますが、
一軒家を購入すると3000~4000万円の支払いになると思います。

そうなると、月々の支払いは10万円以上になりますね?

500台規模のパチンコ屋に照らし合わせると、20倍以上の広さの建物、
それ以上に広い立体駐車場や、平面駐車場が必要になります。

ここでは、一軒家の30倍の金額にしておきます。

家賃で毎月、約300万円の支払いになると考えます。

新台購入費

次はパチンコ台、スロット台の購入費を考えてみます。

今どきのパチンコ台はゴミみたいな役物がついていますよね?

上に飛び出ていて、データ機が見えにくい、
色々と飛び出てる役物も沢山ありますよね。

私にはメーカーが高く売る為だけの、ゴミだと思っています(笑)

そのおかげで1台50万円程の金額になるそうです。

毎月、新台入れ替えで30台購入したとします。

30台×50万=1500万円にもなります!

恐ろしい金額になりますよね?

人件費

次は人件費を考えて見ましょう。

パーソナルシステムの、店員が少ない店舗でも、
朝の従業員5人、夜の従業員5人はいますね?

警備員がいたり、掃除のパートの方などもいます。

給料の支払い以外にもお金は掛かるので、
ここでは、1人辺り50万円としておきましょう。

10人×50万円=500万。

光熱費


次に電気代を考えてみます。

真夏にホールに行くと、とんでもなく寒いですよね?
私は必ず長袖、長ズボンです(笑)

一軒家で例えてみます。

朝8時~夜0の日が変わるまで、
全部の部屋で、電気付けっぱなしのエアコン全開、テレビもつけっぱなし。

毎月、4~5万くらい掛かりそうですよね?
考えられない程の無駄遣いですよね?

一軒家の20倍以上の広さだと考えたら、
5万円×20倍=100万円。

経営費用

毎月の支払金額をまとめてみます。

家賃300万円。
新台1500万円。
人件費500万円。
光熱費100万円。
他にも、設備の改装費用や、テレビCMなど色々掛かっています。

そうすると、トータルで2500万円くらいは掛かる事になりますね?

ここからよく考えて見ましょう。
あなたはパチンコ屋の社長だとします。

毎月の支払いが、2500万円必要なのが分かりました。

支払う為には、沢山のお客さん来てもらい、
沢山負けてもらわないと足りませんよね?

自分の給料は要らないから、高設定を打ってもらおうなんて、
微塵も思わないですよね?

こう考えると、ほとんどの台は設定1にして、
パチンコも釘を閉めて、回らなくするのは当然ですよね?

これが、経費からみる、パチスロで勝てない理由になります。

まとめ

500台規模のパチンコ屋は、毎月2500万円以上の経費が掛かっている。

パチンコ屋を経営するためには、設定1メインでないとやっていけない。

経費の半分以上は新台入れ替え費用。
新台入れ替えを控えているお店は狙い目の可能性大。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
ランキング参加してます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です