負け組の逆襲
勝つ為の知識

パチスロ軍資金はいくら必要?

こんにちは!はまです。

今回はスロットを打つ時、軍資金はいくら必要か見ていきましょう。

天井狙い

私はパチスロ専業時代、財布の中には5~8万円程を入れて、持ち歩いていました。

実際に使うことは稀ですが、天井狙いなどをしているとき、
足りなくなって、下ろしに行くのが面倒くさいからです。

天井狙いで1台で2万円負けたとします、4台負け続けたとしても、
何とか足りますよね。

たまたま凱旋の天井狙いを、4台連続打ったとして、
連続で負けても、これくらいに収まると思います。

実際は1台でそんなに大きく負け続ける様な事はなく、
5000円負けだったり、7000円負けたり。

1店舗でそんなに負けることもなく、数店舗の貯玉も使っていたため、
そこまでの現金を使う可能性は少ないです。

天井狙いなので、当たるまで打ち続けるので、いくらかは返ってくるわけです。

仮に3店舗まわって、各店舗で2万円づつ負けたとしても、
現金と貯玉を1万円使うので、現金はトータルで3万円で足りる事になります。

設定狙い

設定狙いをやるときは、まず1台目を打ちます。

高設定だった場合、1万円程度で収まってしまう事が多いですね。

機種にもよりますが、3万円は超えることは余り記憶にないです。

もしも低設定を打たされた場合ですね。

いきなり天井に連れていかれることがあり、ハーデスで6万円弱
使った事があったと思います。

途中の期待値のある所で辞めるわけにもいかず、当たるまでは打ち切るからですね。

Aタイプであれば、もっと投資額は減る傾向があります。

高設定であれば、1万円以上使ってから出るほうが少ないと思います。

何台か打って負けても、3万円程度にはなると思います。

設定狙いで低設定だった場合、早めに見切って、天井狙いに切り替えるので、
投資額は増える傾向になります。

それでも、5万円以上負けることは、かなり少ないです。

パチンコ

パチンコの場合、スロットより確率が収束しないので、
1番掛かると思います。

ミドルスペックの場合、1/320の3倍ハマりが20回に1回程度あります。
約1000ハマりですね。

1万円で250回まわる台を打てたとしても、4万円必要になり、
単発の場合、また現金投資が必要になってしまいます。

甘デジなら1/100程度なので、2万円程度あれば足りると思います。

私はパチンコを、スロットの補助として打っていたので、
3万円以上使う事は少なかったです。

最近の游タイムの天井狙いでも、1台で2万円超えることは少ないです。

キッチリ期待値を取っていくなら10万円は欲しいと思います。

専業時代

スロットだけで生活しようとした場合、初めに50万円くらいあれば、
十分な金額ではないかと思います。

「下振れが続いたら」と思う時もありますが、収支を見返してみると、
最大で負け続けても、20万以内に収まっているからです。

月単位でみても、毎月30万円以上は勝てていました。

勿論、40万程度の期待値を稼いでいたからです。

生活費に20万円必要だとします。

1ヶ月目に20万負けたとしても、
次の月には30万円以上は稼げる可能性が高いからです。

しっかり期待値が取れていれば、収支は右肩上がりになって行くためです。

逆に、ドンドンお金が増えていくので、財布に10万円以上入っていたら、
抜くように気を付けていました。

サラリーマンであれば、毎月給料がもらえるので、
負けても生活が出来なくなる、なんてことはないですね。

まとめ

スロットなら3~5万円程度あれば十分足りる。

パチンコを本気でやるなら10万円は欲しい。

スロットで生活するなら50万円以上は欲しい。

パチスロが勝てない理由とは?経費から見るパチンコ屋の裏側こんにちは!はまです。 今回は、普通にパチンコやスロットを打っていると、 勝てない理由を考えていきたいと思います。 私はパ...

Sさん、Oさん、Kさん大絶賛!
「やる気が出た」「勝てる仕組が分かった」「負ける理由が分かった」
嬉しい感想をたくさんいただけました。

LINE@からも、「とても勉強になった」
などのお声をたくさん頂いています。

スロットで累計500万円以上負けてきた私が、
なぜ数ヶ月の勉強で年間500万円弱勝てたのか?
スロット稼働を通して人生を楽しむ方法など。

「スロットで勝つために1番重要な思考法」
についてpdf書籍にしました。

期間限定で無料プレゼントしています。ポチっとどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。