負け組の逆襲
~毎月10万負けていた工場作業員がスロットで年間450万稼いだ方法~
勝つ為の知識

スロットの設定とは

こんにちは!はまです。

今回はスロットを打った事ある方なら、誰でも聞いたことある、
設定について書いていこうと思います。

スロットを打つうえで、設定は大事なのでしっかり覚えましょう。

設定とは


設定とは、出玉をどれだけ出すか調整できる装置みたいなものです。

基本的には1~6の6段階で設定できるようになっています。

設定1が1番出ない設定で、設定6が1番出るようになっています。

だからスロットを打つ人は、みんな設定6を目指して打っているわけですね。

大体の機種は、設定1と設定2で負けてしまい、
設定3ではプラマイ0程度、4以上を打てば勝てるようになっています。

設定1でも一時的には勝てるときはありますが、
1万回転、2万回転と回していくと、確率が収束に向かい、
負けるようにできています。

設定で出玉をコントロールしている

ホールは6段階ある設定を使い分けて、出玉をコントロールしています。

お盆の長期連休をイメージして見ましょう。

まずは、8月に入って少し設定を使ってお客に勝てるように設定します。

勝っているお客は気分が良くなり、賞与ももらい、ホクホクです。

今なら勝てるイメージがあるし、お金も余裕だし、真夏で外は暑い、パチンコ屋はエアコン効いてるし、
連休も長くて暇だから、「スロットでも打ちに行くかぁ~」となるわけです。

お店から見れば、長期連休になれば、暇でお金を持ったお客が沢山さんくるから、
「全台設定1にしとくか(笑)」となるわけです。

イメージとしてはこんな感じになると思います。

低設定を打たないために

スロットで勝つ為には6段階ある内の、設定4以上を打つ事が基本になると思います。

そう考えた場合、長期連休に打つのは危険だと分かりますね?

今までの経験上、連休でなくても90%以上は低設定が使われています。

実際にホールに行き、各台の総回転数を足し、ボーナス回数で割ると、
低設定の確立に近いことが分かります。

ホールによってはデータを無料で公開しているところもあるので、
スマホで検索してみると分かります。

なぜ、全台設定1を使うか考えてみましょう。

全台設定1だとしても、3台に1台は確率以上に出てしまうので、
お客としたら、「少しは中間設定も使ってるな」
となる訳です。

もちろん3台に2台は確率以上に負けていることになります。

何台かが確立以上にめちゃめちゃ負けていても、全く気にならないですよね?

たまたま出てしまえば、設定あるかもと思ってしまいますよね?

設定を使わない理由

全台設定1だとしても、何台かは、設定4や設定5みたいな
ボーナス確立になる台があります。

お客としてみれば、高設定を打ってるつもりでも、
実は設定1でした。なんて事も良くあります。

他にも理由があり、設定1を使わないと、十分な利益を出す
ことができないからです。

新台の購入費や人件費などを、お客さんのお金から捻出しているからです。

設定を上げると利益が減ってしまうので、余り使うことができないのです。

ホール側としても、儲ける事が目的なため、6段階設定はあるが、
中々高設定を使うことができないと言うことです。

まとめ

設定は1~6まであり、設定4~6を打ち続ければ勝つことができる。

ホールは基本的に、設定1を使っている。

長期連休は特に設定を使わない。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
ランキング参加してます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です