負け組の逆襲
~毎月10万負けていた工場作業員がスロットで年間450万稼いだ方法~
オススメ記事

パチンコとスロットはどちらが勝てる?

こんにちは!はまです。

パチンコとスロット、どちらが勝てるのか?
そう考えている方も多いのではないでしょうか。

どうせなら大きく勝ちたいですよね!
みんな思っている事だと思います。

パチンコとスロット、
実際に、どちらが勝てるのか?

それでは見ていきましょう。

パチンコは抽選確率が一定

パチンコで良い所と言えば、大当たり確率が目で見えている
状態で打つ事ができる
所でしょうか。

例えば、現在人気機種の北斗無双で見てみましょう。

お店に入ると、各台の上に1/319などといった札を付けているところが多いですね。
各台の横にも説明書も設置してあり、ここにも1/319と書いてあります。

一方、スロットの場合、大当たり確率を把握して打っている人は、
ほとんどいません。

スロットには設定と言うものがあり、大当たり確率が
明確には分かり難い
ようにできています。

設定1と設定6では大当たり確率が全然違いますよね?

また、パチンコは大当たり確率や、継続率が一定になっているので
出玉の計算がしやすいです。

1回の大当たりで1500発や2000発、
500発程度で終わる台もありますが、
そこに、継続率も入れる事で、出玉の計算がし易いです。

甘デジと呼ばれる、大当たり確率1/99以下の台は、
当たり易いが、出玉が少ない。

大当たり確率1/319の台だと、
1回の出玉を多くして、継続率が控えめな台、
1回の出玉を少なくして、継続率が高い台など、
機種によって、様々な特徴があります。

計算する上では、スロットより分かり易いです。

パチンコ、スロットの出玉スピード

パチンコの場合、大当たり1回で最大2400玉(約9600円)の払い出しです。

それに加えて確率変動により、連チャンに期待する事ができます。

10連すれば24000玉(96000円)になります。

現在、P大工の源さん超韋駄天と言う機種があり、
1時間連チャンが続けば、50000玉の可能性を秘めています。

1時間で20万円も出ますね!!

一方、スロットのノーマル台では、
大当たり1回で最大400枚(8000円)の払い出しです。

しかも、確率変動は認められていません。

6号機のAT機であれば、一撃2400枚の規制があるものの、
出るスピードが速いので、2回連続で2400枚出すことができれば、
1時間で4000枚(80000円)出す事は可能です。

現在、5号機のAT機であれば、ミリオンゴッド神々の凱旋、
という機種があり、1時間で2400枚程度のスピードですが、
1ゲームで1500枚以上出ることが決まったり、
数分で10000枚が出ることが決まり、4時間以上使って
一気に出す事は可能です。

こう見ると、短時間勝負であれば、
パチンコが圧倒的に有利だと言うのが分かります。

ですが、スロットの場合、
数分で20万円以上が約束される可能性がありますが、
出るのに時間が掛かってしまうため、
閉店時間で予定の枚数がもらえない、
大事な予定があり、泣く泣く回収を諦めなければいけない、
なんてこともあります。

パチンコで勝つ為には?

パチンコでは、ボーダー理論になります。

1000円(250玉)使ったら何回転まわるか、それだけです。

機種によって、18回だったり、20回だったり様々ですが、
ネットで調べれば簡単に調べることができます。

気を付ける事としては、ボーダーとは、プラマイ0円のラインだと言うことです。

大当たり1回の出玉が削られている場合などは、ボーダーも上げなければいけませんし、
止め打ちなどの技術介入で、期待値が変わってしまいます。

釘を読めるようになれば、どれくらいまわるのか?
ある程度の予想ができ、大当たり確率など一定のため、
台を見るだけで、どれくらいの期待値があるか分かってしまいます。

少し打ってみて、どれくらいまわるかを確認することも可能です。

パチンコでは、毎日釘を調整しているお店は少ないので、
一度、良釘台を見つけてしまえば、継続して勝ちやすいです。

ですが、ボーダー理論以下の台しかないお店がほとんどだと思います。

スロットで勝つ為には?

スロットでは、高設定を打つ事と、天井狙いの2つあります。

高設定とは、お店が出玉を調整するため設定が設けてあります。

基本的に、1~6までの6段階あり、
設定4、設定5、設定6、を打ち続ければ勝つことができます。

ですが、全体の90%以上は設定1なので、
簡単には高設定を打つ事はできません。

天井狙いは、機種により違いますが、
ある回転数に到達すると、救済処置として、
必ず当たりがもらえます。

例えば、1000ゲームに天井がある台があれば、
当たりを引けずに1000ゲームになると、強制的に
当たりが出てきます。

ゲーム数が沢山回っていて、天井に近い台を打つと言うことです。

こちらもネットで調べると、ゲーム数毎に期待値が出ています。

結局どっちが勝てる?

地域により、力を入れている機種が違うため、
どちらが良いとは言い切れないが、初心者であれば
スロットの天井狙い一択
になります。

スロットの天井狙いであれば、期待値が明確だからです。

お店に行って、ハマっているスロット台を見つけ、
ネットで調べれば、どれだけ期待値があるか
一目で分かるからです。

他にも、設定6を打てれば、最大で平均10万円以上勝てる可能性があります。

パチンコでは、1日で3万円の期待値が稼げればいい方だと思います。
ですが、パチンコでは毎日同じ調整の台が多いので、
毎日安定して、3万円の期待値を稼ぐ事も可能なわけです。

結局のところ期待値が、より稼げる方が勝てると言う事ですね。

まとめ

出玉スピードは圧倒的にパチンコが優れているが、
長時間で見れば、スロットの方が沢山出せる可能性が高い。

パチンコで勝つにはボーダー理論、
スロットでは、高設定を打つことと、
天井狙いの2種類の勝ち方がある。

地域により、勝ち易い方法は違うが、
初心者にはスロットの天井狙いが1番勝ち易い。

パチスロ軍資金はいくら必要?こんにちは!はまです。 今回はスロットを打つ時、軍資金はいくら必要か見ていきましょう。 天井狙い 私はパチスロ専業時代...
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
ランキング参加してます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です