負け組の逆襲
~毎月10万負けていた工場作業員がスロットで年間450万稼いだ方法~
オススメ記事

パチスロで収支を付けないと負けてしまう理由とは?

こんにちは!はまです。

今回は、パチスロで収支を付けていないと負けてしまう理由を考えていこうと思います。

収支を付けていないと、体感で少し勝ってるかな?と思っていても実際負けていた。

なんて事も…

いくら勝っているのか、いくら負けているのか、
これを正確に把握すると見えてくるものがあります。

さっそく、収支表を付ける事によって得られるものを見ていきましょう。

スロットの期待値は収束しない?引きが弱い人は負けてしまうのか?こんにちは!はまです。 今回は、スロットの期待値について説明して行こうと思います。 期待値って何?と思う人も多いと思うので、...

勝っている人の9割は収支を付けている

まず、勝っている人のほとんどの人が収支を付けている事実があります。

多くのスロットブログを書いている方や、専業で稼いでる方は収支表を付けています。
月〇〇円勝ちました、年間〇〇〇円稼ぎました。
など、ブログやTwitterなどで公開していると思います。

何故そんな事が出来るかと言うと、収支をしっかり付けているからです。

逆にパチスロで負けている人を見ると、ほとんど収支を付けていないのです。
何故かと言うと、負けているからです。

日々負けているお金を、5万負けた、1万勝った、3万負けた、と付けていく事になるので、
収支をを付けていたら気持ちがどんどん落ち込んでいってしまうからですね?

自分は負けていると信じたくない。
自分は勝っていると思いたい。
負けている事を否定したいがために収支を付けないのです。

収支を付けていなくて、勝っているのか負けているのか分からない人の大半は、負けていると思います。
私も過去の負けていた時、収支も付けていなく、トントン程度かなと思っていた時の大半は負けていたと思います。
周りに話しをするのにも恥ずかしいし、たまに勝つ事で、負けていると思いたくなかったんだと思います。

それに負けている人は、その日の財布の中身を重視している傾向があります。

打ちに行って3万円勝って、財布の中が増えたら大満足していると思います。
3万円負けてしまい、財布の中が空っぽになってしまったら、目をつぶって無かったことにしようとします。

でも、勝っている人を見ると、1日単位で負けたとしても気にせず、
1ヶ月単位、3ヶ月単位で勝つ事を意識しているので、日々収支を付けているのです。

収支表は立ち回りの改善の為に付ける

収支表とは、現状の自分の実力や立ち回りが現れるものです。

収支を付けていると、負けたくない意識が働き、改善しようと思うのです。

毎日負けている収支を積み重ねいくと、変り者じゃない限りは嫌ですよね?
収支表を付け始めて負けていると、収支を記入したくなくなりますし、誤魔化して記入したくなります。
悔しいと思い、どうにかしたいと思う方もいると思います。

そうすると、何故負けているのか?立ち回りが間違っていたのか?と考える事ができます。

例えば、3ヶ月単位、半年単位などの長期間でトータル収支がマイナスの場合、
何かが間違っているので負けている
と考えられるのです。

「根拠が無いのにイベントのお店で設定狙いしていた」
「打ちたい機種があったから、とりあえず当たるまで打っていた」
「天井狙いしたけど、単発だったから出玉を飲ませるまで打ってしまった」

この様に、収支表を付けていれば何故負けているのか理由が明確になり、対処する事ができるのです。
過去の自分を振り返る事で、効率よく立ち回りの改善ができます。

もしも収支表を付けていなければ、何が悪かったのか分からず、
何を改善するべきなのか分からないままになってしまいます。

立ち回りを振り返る為にも、収支と稼働内容も一緒に記録して起きましょう。

こうする事で、勝った時の行動や、負けた時の行動など、
どういった理由で負けているのかが明確に分かると思います。

立ち回りの改善の為にも収支表を付ける癖をつけましょう。

収支表を付ける時のルール

とにかく継続して正確に記入すること。

収支表を付け慣れていないと、付け忘れたり、面倒臭くて付けないなどあるので気を付けましょう。
まずは継続して記入する事が非常に大事です。

勿論、勝った時だけ記入して、負けた時には記入しない様にしてしまうと、
正確な情報が得られないので注意が必要です。

やっぱり、負けた時の事を正確に書くってのは辛いですが、勝つ為に記入する!
と思って頑張りましょう。

実際に私も過去に、負け始めると記入するのをやめてしまった事もあります…

ですが、なにがなんでも勝ち組になりたいのであれば、
歯を食いしばってでも正確に記入する様にしましょう。

1、2ヶ月も継続すれば慣れて来ると思います。

オススメのアプリ

私が使用しているアプリは2つあります。
pShare
MAXBET
です。

pShareで収支を付けて、MAXBETで期待値とどんな台を打ったのかを記録しています。
pShareは非常にお勧めなので良ければ使ってみて下さい。

私が収支を入力するタイミングは、当たりを取ったら直ぐに投資額を入力する方法です。

このタイミングで入力してしまえば、追加投資をするとまた赤字が増えてしまうので、
やめようかな、と冷静になることもあります。

他にも理由があり、直ぐに投資額を記入する事で、回収額を記入しないと赤字が増えていってしまうので、
自然と回収額も記入したくなるのです。

回収額を記入するタイミングは、換金している時です。

景品を交換所に渡した後、数分間待つと思います。
このタイミングで記入すれば、待っている時間も有効活用することができます。

こうやって考えてみると、そこまで難しくないと思いませんか?

収支表の付け方

天井狙いやゾーン狙いの場合ですが、
初心者の場合は必ず、

トータル収支
打った台の機種名
打ち始めG数
ヤメたG数
を記録に残して下さい。

できれば、「一言メモ」があると、後から見返した時に分かり易いです。

AT後に強チェリーを引いたので前兆をフォローした。

単発で出玉が80枚しかなかったので、80G回してやめた、などのメモがあると分かり易いです。

こういった一言が記録していれば、何故負けてしまったのか。
など、後から見返した時に分かり易いと思います。

一言メモが無く、
32Gやめ。
80Gやめ。

としか記録が無ければ、後から見返した時、何でこんなところでやめたんだ?となると思います。

こうすることで、機種ごとのやめ時などを最適化出来ますし、
長期的にマイナスだった場合に記録を見直す事で、
狙い目が悪かったのか?やめ時が悪かったのか?などの立ち回りを振り返ることが出来ます。

ある程度、機種の特徴を把握してきた台は、打ち始めだけなどにしても良いと思います。

スロットで負けている人は、適当に収支を付けたり、何を打ったかを記録することを怠りがちです。

しかし、負けている人と同じ行動をするより、
勝っている人と同じ行動をすれば勝ちに近づくので、頑張って真似する様にしましょう。

まとめ

パチスロで勝っている人は、ほとんどの人が収支表を付けている。
逆に、負けている人は、負けている事を否定したいが為に収支表を付けていない。

収支表は現状の実力が映し出される。

収支表を付ける時は、とにかく継続して正確に付けましょう。
トータル収支で負けていたとしても、立ち回りの改善をして勝ちに繋げることが出来ます。

一言メモを残す事で、後々立ち回りの改善に役に立つ。

パチスロ稼働時に役立つ便利グッズ!必須アイテムも紹介します!こんにちは!はまです。 今回は、パチンコ、スロット稼働時に便利だなと思うグッズを紹介したいと思います。 実際に使用している物...
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
ランキング参加してます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です