負け組の逆襲
オススメ記事

2021年12月の収支は悲惨なことになってしまった

こんにちは!はまです。

今回は、12月の月間収支を見ていこうと思います。

12月は何を打っても当たらないし、
たまにのATも駆け抜けばかりでした。

稼働時間もかなり少なかったですが、
それにしても酷い結果になってしまいました。

そのうち何とかなると思いながら、
いつも通りの狙い目でガンガン打っていた一か月になりました。

それでは見ていきましょう。

12月の収支

12月のトータル収支は-54,800円でした。

期待値は約13万円です。

稼働時間は27時間くらいだったと思います。
※店舗間の移動時間や休憩時間を含める

時給換算すると、約-2,000円くらいでした。

今月はとにかく勝てない月でした。

いつも通りの立ち回りにも関わらず、
当たらない、連しない状態でした。

完全に諦めて打ち続けていました(笑)

会社でも、負け続けていることをネタにして、
みんなに笑ってもらっていました。

負けているのもお構いなしに、結構お金は使っていましたね。

12月の振り返り

12月も設定狙いは全くやりませんでした。

長時間打つことが難しく、
天井狙いをしていた方が稼げる時期だからです。

来年も長時間打つことは厳しそうなので、
設定狙いはできないかもしれません。

期待値ベースで見返すと、
時給5,000円弱で立ち回れていたことになります。

そう考えると、
80%でマイジャグラーやハナハナの、
設定6を打っているのとそんなに変わらない効率の良さですね。

そもそも50%で設定6を打つのも厳しいですからね。

50%でツモれれば、
月に4日稼働で月に10万勝てますからね。

3ヵ月で40万円ほどの下振れですが、
確率で勝ちにいっている以上はあり得ることです。

40万円の下振れとはいっていますが、
収支的にはプラスになっているんですよね。

そう考えると、不思議だと思いませんか?

本当は手元に50万あるはずが、
手元には10万しかなかったみたいな?

裏を返せば、
手元に10万しか残らないような立ち回りの人でも、
気付いたら手元に50万残っていたみたいな?

永遠に下振れする人もいれば、永遠に上振れする人もいるんですよね。

確率のことを理解している人には分かると思います。

永遠に下振れする人だとしても、
勝ち続けることができるのがスロットなんですよね。

努力次第である程度の収支をコントロールできるので、
スロットって面白いと思います。

まとめ

期待値は約13万円で、
実収支は約-5万円でした。

3ヶ月連続で欠損していますが、
3ヵ月トータルで見るとプラスで終えることができました。

打っているとなにもやらせてもらえない感がすごかったです。

欠損してしまったものは返ってくることはありませんが、
それでも安定して勝てるのは不思議だと思いませんか?

1ヵ月単位で見ると負けていますが、
半年で見ると効率良く100万円以上は勝てています。

専業時代も1ヵ月で40万円以上の欠損を経験したことありますが、
どうしようもないことなので、
周りの専業よりも効率良く立ち回れるように考えることが増えました。

その甲斐もあってか、
会社の先輩や周りの友人にスロットを教えるのは上手くなっています。

周りの人よりも上手に立ち回らないと、
同じようには勝てないのでスキルアップしていきました。

自分で勝つのも楽しいですが、
これからは私についてきてくれる人を勝てるように育てていきたいです。

Sさん、Oさん、Kさん大絶賛!
「やる気が出た」「勝てる仕組が分かった」「負ける理由が分かった」
嬉しい感想をたくさんいただけました。

LINE@からも、「とても勉強になった」
などのお声をたくさん頂いています。

スロットで累計500万円以上負けてきた私が、
なぜ数ヶ月の勉強で年間500万円弱勝てたのか?
スロット稼働を通して人生を楽しむ方法など。

「スロットで勝つために1番重要な思考法」
についてpdf書籍にしました。

期間限定で無料プレゼントしています。ポチっとどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。