負け組の逆襲
~毎月10万負けていた工場作業員がスロットで年間450万稼いだ方法~
勝つ為の知識

パチスロのノリ打ちとは?メリットとデメリットや注意点を紹介

こんにちは!はまです。

今回は、ノリ打ちについて解説していこうと思います。

パチンコやスロットを打っている方なら、一度は聞いたことあると思います。
ノリ打ちは良い事ばかりでは無く、悪い面も持ち合わせています。

もし、これからノリ打ちをしようと思っている方には、
参考になると思います。

それでは見ていきましょう。

ノリ打ちとは?

パチスロのノリ打ちとは、複数人でパチンコやスロットを打ち、
それぞれの収支を合わせて、全員で均等に分け合うこと
です。

勿論、勝った時だけでは無く、負けた時も均等にします。

例えば、
Aさん、Bさん、Cさんがノリ打ちをします。

Aさんが3万円勝ち、Bさんが1万円勝ち、Cさんが5万円勝ち。
トータル9万円勝ちなので、1人3万円勝ちになります。
この場合、CさんがBさんに2万円を渡せば全員3万円勝ちになります。

Aさんが10万円勝ち、Bさんが7万円負け、Cさんが6万円負け。
トータル3万円負けなので、1人1万円負けになります。
この場合、AさんがBさんに6万円、Cさんに5万円渡すことになります。

例え1人が大勝したとしても、負けてしまう現象が起きてしまうこともあります。

ノリ打ちのメリットとは?

ノリ打ちの最大のメリットは、リスク低減されることです。

投資額が膨らみやすい波の荒い機種を打ったとしても、
誰かが出玉を出せる可能性が高いので、安定感が高くなります。

例えば、2人が3万円づつ負けていても、
1人が7万円出せば、全員で1万勝ちになります。

負けている人からすると負担が減り、気楽に打つ事ができます。

荒い機種を避けて、勝ちにくいけど安定している台を選ぶ。
と言ったことをしなくても、
荒くてもより勝てる可能性の高い台を狙っていくことができます。

情報の共有ができる

情報の共有ができるので、無駄な台を打ったり、
ヤメ時を間違えたりしにくいです。

特に初心者の方が1人で打っていると、
勝てる理由が無いのに好きな台を打ったりしてしまいます。

ノリ打ちをしていると他人のお金も使っている意識が働くので、
日頃よりシビアに立ち回ろうとします。

ヤメ時に関しても、1人の場合だとズルズルやめられなかったりしますが、
仲間に相談することで、キッチリやめれることもあります。

確実な情報を得ることができるので、
攻め時、やめ時をキッチリできるので、負けにくくなります。

高設定を複数台打てる

高設定を打てる確率が上がります。

設定狙いをするとき、1人で打ちに行った場合だと1台しか打てません。
複数人で行けば、複数台打つ事ができます。

自分たちが打っている台や、周辺の台の情報共有ができます。

情報量が多ければ、全台系のイベントなどではかなり有利になります。

1人が台の挙動が強く、もう1人の挙動が弱い場合、
挙動の良い台はそのまま打ち、もう1人が天井狙いやゾーン狙いなども出来ます。

他の人たちよりも情報量が多いので、
空き台の中から眠っている高設定台を見つけやすかったりします。

情報交換ができるというのは、
設定狙いをする場合にかなり有利に働きます。

ノリ打ちのデメリットとは?

ノリ打ちを理解している人なら、
自分が5万円勝って、相手が5万円負けたとしても、
平気で5万円を渡すことができます。

理解できていない人だった場合、
勝っている人からすると、「なんでそんなに負けてるんだ!?」
「せっかく5万円も勝ったのに、なんで渡さないといけないんだ!」
となると思います。

負けている人からしても、ノリ打ちなんだから、
「約束通り5万円渡してくれよ」
となると思います。

せっかくノリ打ちしているのに、
こういったことでギクシャクしてしまい、
人間関係が崩れてしまうこともあります。

裏切られることもある?

信頼できる友人とノリ打ちしていると思っていても、
分からないように嘘をつかれるかもしれません。

少しでも儲けたいと思っている人に、
投資金額を誤魔化されるかもしれません。

例えば、ノリ打ちの相方が投資額が20000円なのに、
「おれ25000円使ってる」と言われても分からないですよね?

こうなると、相手が5000円得してしまいます。

他にも、相手に分からないように出玉をを流して清算する。
ということもできてしまいます。

仲間の不正なんて疑いたくないですが、
少しでも多く儲けたいと思っているような人は、
こう言ったこともしてしまうこともあります。

実践中はお互いに近況報告をし合うことで、
裏切りが起こらないようにすることが大事です。
グループラインなどを作っておき、
投資金額や台移動などをする場合は連絡するようにするといいでしょう。

こう言ったことがあるので、本当にお互い信用できる相手以外とは、
ノリ打ちすることはオススメできません。

独自のルールを作る

ノリ打ちをするときは、
独自のルールを作っておくとモチベーションが上がります。

例えば3人でノリ打ちする場合、
1番出した人が5割。
2番目の人が3割。
3番目の人が2割。

というようにしておけば、全員で10万円勝った場合、
1番出した人が5万円勝ち。
2番目は3万円勝ち。
3番目は2万円勝ち。
こう言ったこともできます。

逆パターンも考えることができます。
負け額を多く負担するパターンです。

全員でトータル収支が負けたとき、
1番負けた人がトータル負け額の5割負担。
2番目が4割負担。
3番目が1割負担。
といった感じです。

この場合、全員で5万円負けたとすると、
1番負けた人が-25000円。
2番目が-20000円。
3番目が-5000円。
こうなります。

こう言ったルールを設けておけば、1番出して分け前を1番もらおう。
と真剣に立ち回ることができます。

ノリ打ちをする場合は、
ルールは必ず事前に決めておくことが重要です。

まとめ

ノリ打ちをすることで、投資金額のリスク低減をすることができます。

他人のお金を使っている意識が働くので、
いつも以上にシビアに立ち回れますし、
情報共有することで有利に立ち回ることができます。

逆に、相手に裏切られたり人間関係が崩れることもあるので注意しましょう。

ノリ打ちをする以上は、ルールを理解できない人と組むことは避けましょう。

その上で、独自ルールを作って行うことで、
より楽しみながら実践することもできます。

パチスロでいつも勝っている人を見かけるけど何故?こんにちは!はまです。 今回は、パチンコ屋に行くといつも勝っている人を見かけると思います。 見かけると、羨ましいと思ってしまいま...
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
ランキング参加してます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です